忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

與君臥長亭,攜手向晚相思賦

清波澹澹,青嵐凝煙,泠泠流水意,卿卿蘭子情,拂指撩掀塵世氤嵐的紗幔,凝眸,紅塵寫意輕揮毫,書盡婉約,為君臨摹山水情,青鳥殷殷勤鳴柳,花蝶翩翩醉蕊綢康和堂
  
  可否?長臥千裏,枕臂輕呢語,仙裳飄袂翩躚舞,清笛流韻,玉琴嫋弦悠,塵陌生姿,霧掩屏,華旋舞步,醉流水千丈,繚繞華髮三千康和堂
  
  雲歇處,你款入阡陌,撣落整程風塵,清顏明眸,臨風而佇,清輝翠洗,皓月淩空,端坐紅塵,可是等我披風涉水,巧媚莞然,意脈嵐幽處,情絲絲,走針錦就,織瑟絕世一愛,紅塵攜手兩不棄,相顧情玨玨,相惜綿綿意。
  
  繁華三千,時光斑斕,清歌醉舞皆風散,回眸,緣玎玲,於光陰風華處呢語嫋喃,旋轉一渦粼粼波漫的幽湖,誰在水湄中央巧笑嫣然,眉蹙心愁,揀拾花語零 瓣,輕撫憐殤,誰披瑟滿世煙塵,一路顛簸,於花濃處沾露拈香,攬滿懷的幽芳,眉間鎖愛,疼疼地掬起幽漫的漣漪,巧醉沁魅,驚寵不擾,安臥紅塵。
  
  循著千古姻緣,三生世上鐫刻的眷戀,早融入萬世情緣,任風華幾度,夕陽晚斜,在塵煙嫋嫋處,只端望彼此的神情,清風冉冉,煙霧朦朦,繁華處嫣紅巧媚,柳顏清悅,奔赴盛世晚宴,唯君嫋嫋,紗裳舞幔,唯伊翩翩,謙謙默然康和堂
  
  半卷秋風半簾寒,一方羅帕濡情纏,簷前飛旋著涼裸的微寒,擦過窗軒朱欞,褪去的光華被星沫裝點,爍爍晶瑩,輕輕吻著夜的寂靜,安然思銘,彼岸,觸手相 擁,你風華絕愛,款款,幽幽,馨馨,漣漣,漪漪,漫漫,疼疼地念惜,繞過黛藹,攀沿流空,潺潺撫挲我眉間落紅的朱砂疼,斜倚你溫軟的情懷,夜杯靜澈,情泉 淙淙,眉眼明眸間盛滿萬世情絕癡纏。
  
  執手默然,塵煙處處惹憐愛,一川煙雨,一抹青嵐,千回百轉,唐時宮彩詩飛意,宋雨詞牌情飛韻,幾度風雨,芳華輕掠,嵐煙處芳菲萋萋,青枝柔蔓,繞結紅塵萬丈癡纏康和堂

  
  君信步款款,正走來,回眸,顧傾城,綿綿淡淡,紅塵一隅,靜然,酥指撫琴,彈瑟錦世情絕,心韻嫋嫋,水眸幽幽,楓紅獨舞,打落在你的眉梢,夙願寥寥,唯倚相思屏,欲語緘言,娓娓生息,尋千古奇緣,道相思漣漣,情深深幾許,朱梅接待,等你欣欣而來,聽梅踏雪,柳簾尋畔,簫莞飛韻,百鳥和鳴。
  
  一琴梁祝化蝶翩,一錦素帕文君賦,紅塵有約,塵緣鎖愛,前世,我是你最刻骨的遇見吧,你是我最銘心的邂逅吧,若非然,千山萬水,巧遇,砰然,掬一汪清泉,情定今生,潺潺涓涓,幽幽緩緩,拂一縷陽光,暖暖融融,怡怡馨馨,拈一瓣芬芳,清淺暗香,如此美奐,執手相伴,相顧嬋娟千裏續情緣。
  
  紅塵如夢翠柳稀,桃顏三月芳菲意,光華倏忽,紅顏易老,少年鬢染秋霜暮,虞姬臥劍赴情殤,黛玉憐愛逐花葬,一指流砂終逃不過年華紛紛,消散在歲月懸空的搖籃裏,欲摘無憑,五百次回眸才換得一次擦肩,可是修得千年才緣得相遇紅塵,跋山涉水赴盟約,溯前緣。
  
  紅塵如夢夢如煙,十指相扣,塵煙入羅帷,香陌飛花意,雙肩小徑,明眸清瀾眉宇憐,翩躚花徑舞芳塵,綿延清醉,心夢漣漪,
PR

靜靜守候,便是對愛最好的報答

一直感覺,與你遇見過敏性鼻炎、相知、相愛是生命中最真的期待,你的容顏曾經無數次出現在我的夢裏,每次醒來不是欣喜便是苦澀,我知道這是緣,也是愛。淺淺的相遇,深深的眷戀,你的談吐是那麼風雅幽默;你的思維是那麼活躍不俗;你的性格是那麼陽光直率;你的情感是那麼細膩柔情。一路相伴,共擔憂愁,你會因我一句簡單的話,而感動到熱淚盈眶,我知道那是愛,我們曾相擁同淚,你抱著我說的那些真摯的話語,親愛我都記得,不敢忘,也不會忘名創優品山寨
   從前,我總是憧憬著與你牽手街頭,走在煙雨迷蒙的街頭,漫步、散心;從前我總是期待可以靠在你的肩頭,可以聆聽你的心跳,感受你的溫暖。幸運的是,那些憧憬竟然變成真實,我落淚,你的眼裏也落滿擔憂,親愛,你知道嗎,我柔弱的心總是因你而堅強,有你的日子,多美。遇見你才知,心靈的契合是那麼讓人心醉,我多想永遠的醉倒在你懷裏,從此開始,執子之手,與子偕老!
  
   相聚的時光總是優纖美容好唔好那麼短暫,掌心的記憶中,溢滿初遇的芬芳。我知道當我們選擇放棄的那一天開始,我們便失去了太多的擁有,失去了問候彼此的理由,失去了相見的可能,失去了再去愛彼此的權利,這一切,是多麼殘忍,坐在時光的路口,輕拾一抹牽念,伴你天涯,在每個漂泊的日子裏護你遠行。
   時常躲在螢幕的這頭,默默的盯著你的頭像發呆,只要上線便會看到你線上的身影,與我而言那是一種莫大的安慰,我知道你還如往常一樣上線,更新狀態,發一些激勵自己的話語,知道你一切安好,你還在堅持你的夢想名創優品山寨,我便放心了。假若你的頭像突然變成灰色,我的心還是會忍不住有些失落, 曾經你為我的憂傷而難過,那些貼近心靈的話語,是我此生最珍貴的記憶,只恨情深緣淺,命運如此安排,只能默默承受。你的姓於我的名,鐫刻在時光深處,留下最深的印記,雖然很疼,卻也很美,有你的心作陪,一生不會感覺孤獨。
   或許,我從來沒有主動與你說過一言一語,或許,你不曾發現我的一絲痕跡,但是我卻一直都在默默的關注著你,遠遠的祝福著你。你的喜怒哀樂,你的變化,在我心裏都是最重要的事情,你開心,我比你還開心,你憂傷,我比你還難過,只要你抬頭,你會發現,我一直都在最初的那個地方等著你。對你的愛 ,可以跨過千山,越過萬水,一如既往的盛開在你的天涯,不曾黯淡。
   萬水千山,我隔著思念的距離等你,在我的生命裏,你是故事的主角,也是我一生等待的那個人。轉角遇到愛,多麼美的邂逅,只此一眼,便是一眼萬年,從此不傾城,不傾國,傾其一生只為一人,你,註定是我一生的疼。或許有些情只能寄放在天涯,兩兩相望,只能相守在天涯,我願,以最溫暖的姿態,看著你幸福。
   生命中有一種陪伴叫做,你若一直在,我便一直愛,其實感情有時候無需太多的浪漫和言語,只要彼此懂得 ,哪怕不言不語,也是一種默契,也是一種交流。那份愛,雖然不再熱烈,卻也心手相牽;那份愛,雖然不在纏綿廝守,卻在心間徜徉;無論時光如何流逝,那份愛依舊在蔓延。想起它就有一種莫名的感動,真正的緣,便是時光不老,我們不散。
   人生匆匆,轉眼我們都已成熟,不再那麼稚嫩,那些表面的溫存,那些卿卿我我的畫面,已然變得不再那麼重要。其實愛一個人最高的境界,不是初見的那份悸動,而是要經得起平淡的流年,平平淡淡才是真,要知道幸福就像一捧流沙,越是緊握,遺失的便會越多,簡單陪伴,

學著創造和 把握機會,只要你足夠好

我們或許都曾低聲下氣的愛過一名創優品個人,在那些不堪的時刻,曾肆意的不計後果的揮霍著自尊這件最後的盔甲,直至遍體鱗傷也沒你為你換回一絲一毫你想要 的,最終不得不掙扎著一點一點的收回,倔強的把它妥善的安放回原處,也不得不信了那句話:世上最骯髒的,莫過於自尊心,可即便骯髒,餘下的一生,我也需要 它如影相隨。
那些崩潰大哭的時刻說來都是輕巧的,如蔓藤般纏繞著心尖,裹著時間的蒼涼躊躇不前,煎熬不過,連呼吸都變得尖銳疼痛,在那場沒 有硝煙的戰爭裏,一個人緣起緣滅,唱盡了獨角戲,如盲頭蒼蠅般亂竄,一個人拉鋸對壘,沒人知道你內心經過了怎樣的煎熬,再抬頭,已看不出你眼中跳動的光 點,只有波瀾不驚的平靜優纖美容 facial
無論你曾經多痛,時間終會教會你握手言和。

你會言著不愛了,用鐵石心腸豎起了保護殼,裹著一層又一層的堅硬保護著自己,那些小心翼翼不再觸碰的傷疤,已被你堆在層層的保護膜下麵。
直到有一天,你遇到一個人。
他溫和,包容,體貼你的一切,尊重和支持你的決定,平等的姿態對待你,在上一場戰戰兢兢,如履薄冰的愛戀裏,你終感到了自己是被呵護的。
原來愛情裏你渴求的是互相尊重和扶持。
原來你可以不用低姿態的去迎合一個人。
於是你想和他一起虛度時光,用心感受生活的點點滴滴,感受彼此的愛意,兩個人在一起做很多小孩子般的傻事,在一起互相玩兒,一起傻樂,對於一些無關緊要的事他喜歡的你也喜歡,他討厭的你也不喜歡了。
原來你對一個人百般的付出愛而不得名創優品山寨,但總會有另外的一種形式還回來的。
原來總會有一個人的出現,讓你原諒生活之前對你的虧欠的。
而那個人,走著走著,緣分會讓你們不偏不倚的遇到。
而 我也終在朋友圈看到好姐妹發的“嘴角微微上揚... ...是因為感動幸福了”也偶爾看到她隔空向另一半秀的恩愛,她說遇到對的人就像初戀般的羞澀,滿滿的幸福感,於是我遺忘了曾很多次半夜裏接到她哭泣的電 話,訴說著上一個渣男的種種,變身精明的偵探猜測著對方種種事情的意圖,把自己弄的傷痕累累的同時買大阪樓
卻忘了一個愛你的人根本不用你去猜疑,他會給你安全感。 在愛裏,所有不愛的理由都是藉口,愛,請深愛,不愛,請離開。沒人知道我的好姐妹是如何花半年的時間從那段糾結執著的失敗的戀情裏走出來的,而我們看到的 只是柳暗花明春暖花開般的結果,終於遇到對的人。所以,永遠不要失掉對生活的信心,不要失去對美好愛情的期待,不要幻滅燃起的希望。
或許你 還陷在一段誠惶誠恐的戀情裏,可能還在執著於求而不得的人,可當你精疲力盡轉身放棄的時候,你永遠都不知道下一秒生活會帶給你怎樣的驚喜!所有的一切都是 無法預測的,你不知道對的人什麼時候會出現,等待的時間或許很荒涼,但我們可以把自己變成更好的人,好好修飾自己,學會愛自己,照顧好自己,提升和充實自 己,變成一個獨立的人。如果那樣,你就沒有辜負自己,如果那個人一直沒出現,你也可以過好,沒有辜負生活。
每一天都以最好的狀態去迎接生活 的挑戰吧,你不知道轉角會遇到怎樣的人,生活會發生怎樣的變化,所以請保持一顆熱愛生活熱愛自己的心,用過好現下生活的心去期待美好的未來。相信總會有一 個人的出現讓你熱淚盈眶的,填滿你長久以來的期待,滿足你對愛情原本的幻想,讓你感覺是對的人,但在那樣之前,請耐心等待,相信奇跡終會出現,

彼がいたからこそ

今月の27日は、いわゆる仲秋の名月と呼ばれる十五夜。
その翌日28日は月の地球への最接近となる日。
すなわち、スーパームーンの日となる。
空気も澄み、月に限らず天体ショーが気になる季節になってきた。

空に見える多くの惑星は、楕円軌道を描いている。
そのため、時に遠く、時に、非常に近くに見えたりすることがある。
大接近となると、夜空の星もいつもと見え方が違ったりする。
それが、不吉な象徴という事もある。
西郷隆盛が西南戦争に破れ歿(ぼっ)した時に、
空には「西郷星」というものが妖しく輝いていたという。
この星、どうも火星だったようだ。
調べてみると、火星はその年に大接近となっており、
空にひときわ明るく(-2.5 等星)輝いていたようだ。

西郷隆盛と言えば、その評伝には
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。
この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり」
この言葉は、
名声も地位も求めようとせず命すらも惜しまない人物、こんな人物は扱いに困る。
だけども、こんな人物でなければ、国家の大業はなし得ない、という意味となる。

西洋でこのようなカタブツの人物を探ってみると、
フランス革命時のロベス・ピエールが思い浮かんでくる。
彼がいたからこそ、
あそこまで徹底して革命が成し遂げられたと言うこともできるが、
あそこまでの恐怖政治となってしまったと言うこともできる。
彼をして"L'Incorruptible" と呼ばれていたという話が残っている。
この意味、すなわち「買収不能」。
まさに、カタブツ。
最後は自身もギロチンにかけられて亡くなっている。
民衆に呼びかけた演説の言葉が残っている。
それは、「市民よ!諸君は、革命なしの革命を望んでいたのか?」
というもの。

カミュは、この革命の流血を非難し、
これに対して、
サルトルは、ここまでやってこそ革命だというロベス・ピエールこの言葉を支持している。

歴史をかけた戦いは、こういったものかも知れない。

壱不注意で難航

冬雪さまの夜空の中で優纖美容 facial、いくらか沈寝水しぶきを描いていた懐かしみます;しなやかな夜に従うことにして、前半をして来たの迟暮著烟雨;日溜りで令令を踊っている。穏やかな、ぼんやりと窓の外てる壱季奥深い内面の动悸;ジムは時計の回転続けねばならない。

目の涙には早くも太陽が蒸発した模様の代わりに、いくらか薄く笑みをたたえていた。私は静かだったのを见て、窓の外を煙大和魂最もyou beauty 美容中心執拗な目つきます;远くはつぶら著ザギャザリングの姿は、はた回自分が恋しい思いの国の外から放出をさまよっていた。

柳月少し上から黄色の青春の上には、秋のお别れが付いて著香消玉损だ。背後の孤独で都心繁華街にしてくれと私の一本道にすがりつくように最善を尽くすことを天涯日溜り望路の決心を固めたという。心細く定まる月里の江南(カンナム)の湖畔を祈っている一方ゴールデンステイトはあなたの中は、れんがの夕焼け翻ります;許⇒⇒⇒⇒あなたへこの壱生不変の誓いの言叶です。でも、はなかなかもなどが1牛奶敏感25ハーフ烟雨の幸福を欠かさず。

深冬师走として最も~寒時間を過ごしている。そんな~寒の氷のように冷たい、雪の降る优柔成壹ゆられて首を転々とした情诗非侧。懐かしさの长い年月が耳元で小さくつぶやくと、别れはかえって冷たいから心を持っています。离れ后心問いたいすれば凉帳にはいつ頃に情温暖だったのだろうか。心の青空静けさをあっさりして、腊梅の花弁が厳しい環境のもとで开いたより派手さはない。

流の年間待機し、あの烟雨の优しさに負けたのではない;同年、杭州覚えた歩道橋で、あなたのあの壱面(见逃し、一種のお世話はそんなに多いのか今でも未実現の願いがかなった。もたれる階、やっと発见しない愛は月の光を照らす彼岸;夜は深くて、やっと発见し向かっ満紙の墨色も浮き雕にして出なかったのはかつてのごとし光阴だ。ではしといた愛のこの季节に封印恩着せがましくないが目を覚まし、ではかどうか君も、わたしにも?

眠っていた。恋しいの時計錘を私の沈寝に描いていた恋します;晴れているタバコを惜しむように舞って別れ後に苦渋を描いた。覚え、あのあるいの灯火のあなたと离れてしまってから;暗がりに変わった灰色の世界で、私の空はできなかった太阳です。振り向いた今になっても、やっと発见された鏡の中は私はその时のやせた颜ではなくて、あの夜君が難しいことで知られている月华あるいてやせて額の顔を入れた。

好きな微凉の風に軽くむのもいい動アタシの髪;私の状态が消える気絶沈(シム涼をとっている。私はとても好きです座って天台で上に薄暮传说下の夕陽;満に最善を尽くした沈む。喜んで塞ぐこ之へはいっていったこの夕焼けの斜阳を持て余そう里に行ったり、建造合って童話の梦だった。壱個を発くるむ著思い込み折り鶴」は、时间のないすべて束缚串连だった。

あなたに出会えたのは、未来と某壱日間、俺はお前见ることのできない空の上で;は、それらを全然、あなたのあの壹君?を刻んだ時;あなたがあったということが、背後の私壱様にむせんでいた。過去のろうそくを懐かしくて提灯に最善を尽くしたいくら相思のインパクトは涙ですか?そこで、私が立っていた。こ中三數學んなの屋根裏部屋で;うつぶせであってもあなたの方向は、この過ぎ去る歳月の谱成生命の中で最も華やかな心を和ませてくれる幕;この窓资促飄々と淡い月光で、あなたの周りの仕事場に愔がたがた愔;愿いのソバフラボノイドはあなたに歩いたことが1つに同伴して私の梦があった。

见醉卧明月がいかにせよ教師知られています。早く教えたいあなたですが、私の心の奥底に潜ま1句の恋しい思い、こまめも溶解してくださっている表立っの苦杯をなめた。ほどなく、私が幅広く試みがいないのは、あなたと出会ったのです;自分が足りなかったせいかもしれない拒否する場合にのみ、壱不注意で難航に陥った状況にもあなたの思い出を;ある私は結局、逃れられない宿命的なきずなです。

最后に私を選んで遠くの黙々としての守護あなた,読むあなた清新されたあっさりして;渡君現世壱世のにぎやかな爱情。でも、私は永远に知らない;ここに座って走った水の隣に、そっと弾いた流觞彼等にあっさりして、结局どんないっ現時点において落ち着いていたなら、あたしは心臓の鼓動がすくむ以降の沈(シム)沈氏と、想うが远方。しようと思っているが、いつどこです;私はいずれも歌うであってもあなたの方向と関連して、絶えず探しててく間の最近の距离です;それは私は行き難いと似たような动悸だった。

爱情はそのときはあいかわらずぼんやりして深い名言ではあの切れない想いのしこり;波はあいかわらず荒いの思い出が、私の愛もなしに、灯台の国境線はひっそりと演は消えた。ただし私は依然として、待機と歌うの中で、座り込み山あいの水の隣です;まとわりついて动いて流觞优雅だ。北朝鮮は青丝千ぼ雪は、涙を現わすコウライヤナギの一生恋します;影漸华人痩せ、待倾いて国家がむなしい。

私は占めてわしゼロでは典型的なてんびん座の男子生徒が特徴だ。抱えながら合って大きな梦を、読书、音楽を创作します;ペンギン亲友はすでに決まっていた。私が好きな友达は私には関心の新浪マイクロ博氏は「暗然わしゼロ」である。私は常に更新美文だったのです。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R